飯 田 善 彦
いいだ・よしひこ

建築家

1950年生まれ、横浜国立大学卒業。計画設計工房(谷口吉生・高宮眞介)を経て、元倉眞琴と建築計画を共同設立、後に飯田建築工房を設立。 主な作品に「川上村林業総合センター森の交流館」(1997年、日本建築学会賞)、「名古屋大学野依記念物質科学研究館」(2004年、BCS賞、中部建築賞)、「龍谷大学深草キャンパス修景計画」(2006年)、「横須賀市営鴨井住宅」(2009年)など多数。 著書に『建築をつくることは未来をつくることである』(山本理顕他と共著、TOTO出版)、『そこでしかできない建築を考える』(フリックスタジオ)、『集積の方法』(光画コミニケーションプロダクツ)など。
http://www.iida-arc.com/

安 田 幸 一
やすだ・こういち

建築家
東京工業大学教授

1958年生まれ、東京工業大学大学院修士課程、イェール大学大学院修士課程修了。日建設計、バーナード・チュミ・アーキテクツを経て、2002年に東京工業大学助教授。現在は、同大学教授を務める傍ら、安田アトリエを主宰。 主な作品に、日建設計所属時の「ポーラ美術館」(2002年、日本建築学会賞、村野藤吾賞、JIA優秀建築賞)、「東京工業大学附属図書館」(2010年、BCS賞)、「東京造形大学 CS PLAZA」(2010年)、「川崎駅東口広場」(2011年)など。 著書に『ニューヨークモダンリビング―都市に住む建築家達』(丸善出版)。 警視庁丸の内警察署桜田門警備派出所(1993年)、POSCO 21 Pohang Project(1994年)、ポーラ美術館(1997年)でSDレビュー入選。
http://www.yasudaatelier.com/

岡 村 仁
おかむら・さとし

構造家

1964年生まれ、京都大学理学部物理学科、千葉大学工学部建築学科卒業。構造設計集団(SDG)、Dewhurst Macfarlane and Partners Ltd. New Yorkを経て、空間工学研究所、KAPを設立。主な構造設計作品に、「倫理研究所・富士高原研修所」(内藤廣設計、2001年、日本構造技術者協会JSCA賞新人賞)、「草薙総合運動場体育館」(内藤廣設計、2015年、日本構造デザイン賞)、「白い教会」(青木淳設計、2006年)、「さつき幼稚園」(シーラカンス K & H 設計、2006年)、「新八代駅前モニュメント」(乾久美子設計、2005年など多数。主著に『ヴィヴィッド・テクノロジー―建築を触発する構造デザイン』(共著、学芸出版社)。

乾 久 美 子
いぬい・くみこ

建築家
横浜国立大学大学院Y-GSA教授

東京藝術大学卒業、イエール大学大学院建築学部修士課程修了。青木淳建築計画事務所を経て、2000年、乾久美子建築設計事務所を設立。 主な作品に「ディオール銀座」(2004年、建築改装協会外壁コンテスト受賞)、「アパートメントI」(2007年、新建築賞)、「スモールハウスH」(2009年、東京建築士会住宅建築賞)、「フラワーショップH」(2009年、BCS賞)など。 主著に、『そっと建築をおいてみると』(INAX出版)、『小さな風景からの学び―さまざまなサービスの表情』(TOTO出版)。
http://www.inuiuni.com/