古 谷 誠 章
ふるや・のぶあき

建築家
早稲田大学教授

1955年生まれ。早稲田大学大学院修了後、近畿大学講師を経て、文化庁芸術家在外研修員としてマリオ・ボッタ事務所(スイス)に在籍。1994年に八木佐千子とNASCAを共同設立。主な作品に「茅野市民館」(2005年、日本建築学会作品賞)、「小布施町立図書館 まちとしょテラソ」(2009年、日本建築学会作品選奨)、「実践学園中学・高等学校 自由学習館」(2011年、日本建築家協会日本建築大賞)など。主著に『「マド」の思想―名住宅を原図で読む』(彰国社)、『がらんどう』(王国社)。

赤 松 佳 珠 子
あかまつ・かずこ

建築家
法政大学教授

1968年生まれ。日本女子大学卒業。1990年に設計集団シーラカンスに合流、後に小嶋一浩とシーラカンスアンドアソシエイツトウキョウCAtを設立。主な作品に、「千葉市立打瀬小学校」(1995年、日本建築学会作品賞)、「流山市立おおたかの森小・中学校」(2015年、日本建築学会作品賞)、「鵜住居地区学校等新校舎」(2017年)など。著書に、小嶋一浩との共著である『CULTIVATE』(TOTO出版)、『背後にあるもの 先にあるもの』(LIXIL出版)。

小 西 泰 孝
こにし・やすたか

構造家
武蔵野美術⼤学教授

1970年⽣まれ。東北工業大学卒業。日本大学⼤学院修了。佐々木睦朗構造計画研究所を経て、2002年に小西泰孝建築構造設計を設立。主な構造設計作品に、「神奈川工科大学KAIT工房」(石上純也、2008年)、「上州富岡駅」(武井誠+鍋島千恵、2014年)、 「立川市立第一小学校・柴崎学習館・柴崎学童保育所」(シーラカンスアンドアソシエイツ、2014年) など。著書に『ヴィヴィッド・テクノロジー―建築を触発する構造デザイン』(共著、学芸出版社)、『構造デザインの歩み―構造設計者が目指す建築の未来』(共著、建築技術社)。

原 田 真 宏
はらだ・まさひろ

建築家
芝浦工業大学教授

1973年⽣まれ。芝浦工業大学大学院修了。隈研吾建築都市設計事務所、文化庁芸術家海外派遣研究員としてホセ・アントニオ&エリアス・トレースアーキテクツ(スペイン)、磯崎新アトリエに在籍。2004年に原田麻魚とマウント・フジ・アーキテクツ・スタジオを共同設立。主な作品に、「XXXX house 焼津の陶芸小屋」(2003年、SDレビュー2003鹿島賞)、「知立の寺子屋」(2016年)、「道の駅ましこ」(2016年、JIA日本建築大賞、BCS賞)など。